ユニークな土地活用

サボテン街中の小さな土地の活用といえば、賃貸住宅の建設、駐車場などが定期的な収入を望めることから人気ですが、土地があまりに狭かったり、変わった形をしていたりする場合、これらの活用は不可能です。しかし、その土地が都市部の大変便利なエリアにある場合、立地を生かしたユニークな土地活用の方法があります。

例えば、街中の角地に3坪程の三角形の土地が余っている場合、大きな建物を建てることはできないので、自動販売機、宝くじの販売所、看板広告を設置するなどの契約を取り付け、それぞれから賃料を受け取る方法で定期的な収入を得ることに成功している事例があります。また、通りに面する間口が狭いL字状の土地を、バイク専用駐車場にすることで、うまく土地活用している例もあります。さらに、通りに面する横幅が10メートル以上あるにもかかわらず、その奥行が1メートルにも満たない細長い土地を、自動販売機をぎっしりと並べることで収益を得ることに成功した例もあります。いずれの土地も中途半端な狭い土地でありながら、都市部の人通りの多いエリアであったことが土地活用に成功している理由ですが、このような成功を手にするには、専門家による丹念な調査を基に、そのエリアに潜んでいるニーズを探りあてることがとても重要です。

土地活用にはコインパーキング経営がおすすめ

遊ばせている土地を持っている方は、その土地を生かす方法を模索すべきです。土地は、一資産でありますので、所有しているだけで固定資産税と都市計画税が毎年発生してしまいます。せめてその税金分くらいは土地活用をして利益を上げたいところです。土地の活用の方法はいろいろあります。単純に土地自体を賃貸に出す方法が最も手軽だと思います。

ただ、土地だけそのまま貸すというのはほとんど不可能で、たとえば不動産業者に土地を貸せば、マンションをその上に建てて投資をしたりするのが通常ですので、だいぶ土地自体が様変わりしてしまいます。

私が考えるお得な活用方法は、コインパーキング経営だと思います。コインパーキング経営は、専門業者に依頼すれば比較的簡単に準備することができます。土地の立地場所にも大きく左右されますが、駐車場の需要は思いのほか大きく、駐車料金が思った以上に稼げるようです。土地を持っていて、もてあましている方は是非一度検討してみてください。

個人が気軽に取り組める土地活用の開発

「土地活用」と聞くと、お金持ちで地主さん、もしくは大企業のやる事なんていう先入観が生まれてしまうのですが、今は個人の需要もかなり多いように思えます。インターネットの宣伝メールで「マンションの一室を買って、人に貸す」というビジネスが紹介されていました。これは投資費用と利益を考えると企業よりも、資産を運用したい個人向けのビジネスだと思います。さらに、内装の修理などの手間はかからないとも宣伝されていました。

個人で投資できるマンションに参加する人がいるなら、個人で投資できる土地があってもきっと成り立ちます。今でもすでにあるとすれば、きっと広まっていないのだと思います。土地をいくつかに分割して何人かが投資して、企業などがそれを借りる。投資した人が地代を受け取るというシステムで土地活用できるのでは。銀行が担保に受け取って、そのままの土地がたくさんあります。しかし、地震などの関係もあり、何かあったときには分筆された土地は色々と難しいかもしれません。法律をしっかり勉強している企業の企画なら土地への個人の投資も盛り上がると思います。

土地活用の落とし穴

男性都市部の人口の集中している地域では、安全性確保のため各自治体をあげて、空き家を減らし、土地活用することを促しています。賃貸住宅を建設すれば、住民もある程度確保でき、土地保有者は安定した家賃収入を得ることができます。しかし国内全体で人口の減少が進む今後は、新たな住宅需要の絶対数は確実に減って行きます。しかも都市部の駅から近い便利な場所には住宅需要が一層高まり、地方や郊外の駅から遠い交通の不便な土地では、激減するといったような両極端な現象が起きるのは避けられないでしょう。

このことを考慮に入れると、未活用の空き地にむやみに住宅を建てて、賃貸市場に出したとしても、場所によっては、入居者が確保できず、家賃収入が得られないことから、建物の建築代を含めるとかえって赤字になってしまう危険性もあります。土地の保有者には、銀行・不動産会社・住宅メーカーから、「眠っている土地を活用して、アパートを建ててみませんか」といった勧誘がひっきりなしにきます。折しも高齢化に加え年金問題が浮上し、老後の生活資金に不安を抱える人が増えている昨今ですから、このチャンスを逃したくないと思うのも無理はありません。しかし、自分の保有する土地が果たして、賃貸住宅地として利益を生み出すかどうかの慎重な検討が必要です。

時代のニーズに合った土地活用を考える意味

私が土地を持っているなら土地活用を考えます。土地をもっている方に、相続をしていくうちに「土地は3代で国に取られる」と聞いたことがあります。相続税によって3世代目には相続税を支払えずに土地を手放すことになるという意味合いのようです。逆を言えば、土地を保有しているなら早く相続税対策をした方が良いという意味に受け取れます。先祖代々受け継いだ土地かもしれません、汗水たらしてやっとお金を貯めて購入した土地かもしれません。その土地を自分の子供たちや孫に残したいなら、今の時代に合った活用を考えるべきなのではないでしょうか。土地活用といってもその土地を取り囲む地域や土地の状態によって大きく異なると思います。

例えば新興住宅地に隣接した商業地域の路線にある農地であるなら、宅地にして商業施設に売却する、賃貸するなど本当に千差万別な利用方法があると思えます。土地活用するしないに関わらず、時代のニーズに合った利用方法を常に選択肢の一つとして準備しておくというのは、必ずしも無駄にならないと考えます。急な相続、急激な町の発展に乗り遅れないためにも先見の目で自分の持っている土地の有効的な土地活用有効を考えておいても損はないはずです。

将来の土地活用方法を今考えています。

今ではないのですが、自分には将来両親が住んでいる家とその土地を譲り受けることになっています。大学の頃に言われたので、最初はピンをこず、当時はどっちでもいいやと思っていました。しかし、結婚し子供が生まれ、自分の家を持ってからいろいろと考えるようになりました。正直、自分の家や土地を持っていますし、両親の住んでいるところは病院やスーパーもない田舎でそこには帰ろうとは考えていないため、両親の土地はいらないです。

しかしもし、その土地をなんらかの理由で譲り受けた時、有効な土地活用方法はないだろうかと考えたことがあります。しかし田舎ですので周りの家は土地が広く、みんな駐車場を持っているため契約してくれる人は少なそうです。田や畑にしようとしても今の家から車で片道20分もかかるため年をとれば行くのも大変です。なので、コインパーキングなどにすれば遠方や旅行からお越しの方にも使っていただけると思います

都市部の空き家問題

部屋人口減少と核家族化の影響で、特に都市部において戸建の空き家が放置されている問題が浮上しています。これらの空き家は住んでいた親世代が亡くなり、子世代に相続されたものの、誰も住むことがなく、しかも家屋の取り壊しも行われていない状態のままです

何が問題なのかというと、それらの多くは老朽化が進んでおり、今後起こり得る地震により倒壊の危険性が高いこと、また、人が住んでいないのをいいことに、敷地内にゴミの不法投棄が行われたり、犯罪者の出入りや、放火のいたずらが起きたりする可能性が高いことです。これらの空き家に対する対策として、各自治体が条例を設けて空き家のある土地の保有者に、建物撤去も視野に入れた勧告を行うなどしています。

しかしなぜ、住む人のいない家を放置しているのでしょうか。それには税金の問題があります。建物を取り壊して、さら地にしてしまうと固定資産税が一気に6倍になってしまうという事実があるのです。あるいは、相続問題で協議が長引いてしまっている場合もあります。空き家を取り壊して、土地を売却する予定がないのであれば、空き家をリフォームしたり、すっかり建て直して賃貸物件にしたりすると、土地の相続評価を下げることができ、相続対策になります。

土地購入検討固定資産税節税

気に入っている土地は、その場で購入を決めなくてはすぐに他の業者や個人に買われてしまい、買い損ねてしまうことがあります。しかし、節税をしたいと思うのなら早めに購入して、たとえ一年間でも税金を納めない形を取りたいと考えています。その為には、理想としては1月2日以降に購入が決まればいいと思うでしょう。実際には、そう簡単にいかない現状もありますが、1月2日以降ならば、一年間分だけでも固定資産税が節税できます。この金額は、かなり大きいです。

固定資産税も役所の担当者が現地を見に来て、家が建っているなら家に対しての価値を決め固定資産税が決まるといいます。ならば、1月2日に購入し節税をしながらその後新築に立て直すことも、内装だけリフォームすることも可能になります。新築の建物にしてしまうとそれだけで、税金は跳ね上がりどんなに節税を考えていても、決まってしまえば支払わないといけません。一般のサラリーマンだからこそ削れる所で、節税対策は大切になってくるでしょう。

土地活用とは

家土地活用とは、保有していても利用していない土地や、利用頻度の低い土地を利用して、経済的な利益を得られるような土地の利用方法のことをいいます。具体的には駐車場などにして他人に貸す、住宅・事務所・店舗などを建てて貸す、土地を査定し売却をする方法などがあります。有効な土地活用により、荒地として放っておくよりは、その土地から得られる収入を確保できるだけでなく、建物を建てて、その建物を賃貸にすることで、そのままにしておくよりも、税金の支払い額を抑えることができるという利点があります。近年土地活用が推進される背景として、空き家が増えているという実態があります。

特に都市部においては、子供の数の減少、核家族化が進んでいることから、空き家の数が増加しています。親の持家に子供家族が住まないために、親がいなくなり相続はしたものの、土地・家共にそのままになっているのです。これらの空き家と土地を有効活用する手段がおおいに考えられる上に、防災・防犯の観点からも、空き家の放置は問題が多く、地域・国が保有者に対し、有効な土地活用を行うよう推進しています。

また、高齢化社会が進み、年金に対する不安感もあいまって、将来の収入源を確保したいとする土地活用に意欲的な土地保有者も増えています。アパート経営などによる不労収入は、定年後の収入源として安定した印象が強く、老後の確かな生活設計につながると考えられるからです。ただし、土地活用が成功するかどうかは入念な情報収集が必要ですから、不動産会社に勧められるままに時流に乗るだけの土地活用は大変危険です。

土地活用について詳しく紹介

友達は土地活用をしているということでしたが、土地活用ということが良く分かりませんでした。そこで、インターネットで調べてみたところ、ある不動産会社のサイトで、土地活用について詳しく紹介していました。その不動産会社のサイトを見てみると、ただ所有しているだけの遊休地や、維持・管理費を考えると割に合わない低利用地などの土地を、一定の収益をあげられる不動産にすることですという紹介をしていました。

また、その不動産会社のサイトでは、具体的な土地の活用方法について紹介していましたが、具体的な土地の活用方法としては、駐車場や定期借地として「貸す」、賃貸アパート・賃貸マンション・店舗・オフィスを「建てて貸す」、更地のまま「売る」という方法がありますということでしたが、一般的に土地活用というと、賃貸アパート・賃貸マンションなどの収益不動産を「建てて貸す」という選択肢をイメージする人が多く、人気もありますという紹介をしていました

土地活用を考えなければならない

誰しも考えてもいなかったことが現実となって自分の前に現われると実際にどうしていいのかわからない場合があります。そして、土地活用もその一つでしょう。両親が亡くなってその資産の中に土地や建物などがあった場合、そこに誰も住まなくなったことから、処分しようか、売却しようかなどの選択をしなければなりません。

そのときに不動産屋などに相談に行ったり、セミナーなどに参加してみてはいかがでしょうか。参加することで新しい情報や知識を習得できるはずです。土地活用は、その土地に合った活用の仕方を考えないといけません。それと資金計画も金額が莫大になるため慎重に考える必要があります。また、税金の問題もからんできます。相続税や節税対策など、今まで考えても見なかったお金に関する知識なども大切になってきます

ひとたび不動産などを手に入れると手放すまでいろいろな問題が起こってくることでしょう。そんなときでもめげずに対処していきましょう。