土地活用とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

家土地活用とは、保有していても利用していない土地や、利用頻度の低い土地を利用して、経済的な利益を得られるような土地の利用方法のことをいいます。具体的には駐車場などにして他人に貸す、住宅・事務所・店舗などを建てて貸す、土地の売却をする方法などがあります。有効な土地活用により、荒地として放っておくよりは、その土地から得られる収入を確保できるだけでなく、建物を建てて、その建物を賃貸にすることで、そのままにしておくよりも、税金の支払い額を抑えることができるという利点があります。近年土地活用が推進される背景として、空き家が増えているという実態があります。

特に都市部においては、子供の数の減少、核家族化が進んでいることから、空き家の数が増加しています。親の持家に子供家族が住まないために、親がいなくなり相続はしたものの、土地・家共にそのままになっているのです。これらの空き家と土地を有効活用する手段がおおいに考えられる上に、防災・防犯の観点からも、空き家の放置は問題が多く、地域・国が保有者に対し、有効な土地活用を行うよう推進しています。

また、高齢化社会が進み、年金に対する不安感もあいまって、将来の収入源を確保したいとする土地活用に意欲的な土地保有者も増えています。アパート経営などによる不労収入は、定年後の収入源として安定した印象が強く、老後の確かな生活設計につながると考えられるからです。ただし、土地活用が成功するかどうかは入念な情報収集が必要ですから、不動産会社に勧められるままに時流に乗るだけの土地活用は大変危険です。