土地活用とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

家土地活用とは、保有していても利用していない土地や、利用頻度の低い土地を利用して、経済的な利益を得られるような土地の利用方法のことをいいます。具体的には駐車場などにして他人に貸す、住宅・事務所・店舗などを建てて貸す、土地を査定し売却をする方法などがあります。有効な土地活用により、荒地として放っておくよりは、その土地から得られる収入を確保できるだけでなく、建物を建てて、その建物を賃貸にすることで、そのままにしておくよりも、税金の支払い額を抑えることができるという利点があります。近年土地活用が推進される背景として、空き家が増えているという実態があります。

特に都市部においては、子供の数の減少、核家族化が進んでいることから、空き家の数が増加しています。親の持家に子供家族が住まないために、親がいなくなり相続はしたものの、土地・家共にそのままになっているのです。これらの空き家と土地を有効活用する手段がおおいに考えられる上に、防災・防犯の観点からも、空き家の放置は問題が多く、地域・国が保有者に対し、有効な土地活用を行うよう推進しています。

また、高齢化社会が進み、年金に対する不安感もあいまって、将来の収入源を確保したいとする土地活用に意欲的な土地保有者も増えています。アパート経営などによる不労収入は、定年後の収入源として安定した印象が強く、老後の確かな生活設計につながると考えられるからです。ただし、土地活用が成功するかどうかは入念な情報収集が必要ですから、不動産会社に勧められるままに時流に乗るだけの土地活用は大変危険です。

土地活用について詳しく紹介

友達は土地活用をしているということでしたが、土地活用ということが良く分かりませんでした。そこで、インターネットで調べてみたところ、ある不動産会社のサイトで、土地活用について詳しく紹介していました。その不動産会社のサイトを見てみると、ただ所有しているだけの遊休地や、維持・管理費を考えると割に合わない低利用地などの土地を、一定の収益をあげられる不動産にすることですという紹介をしていました。

また、その不動産会社のサイトでは、具体的な土地の活用方法について紹介していましたが、具体的な土地の活用方法としては、駐車場や定期借地として「貸す」、賃貸アパート・賃貸マンション・店舗・オフィスを「建てて貸す」、更地のまま「売る」という方法がありますということでしたが、一般的に土地活用というと、賃貸アパート・賃貸マンションなどの収益不動産を「建てて貸す」という選択肢をイメージする人が多く、人気もありますという紹介をしていました

土地活用を考えなければならない

誰しも考えてもいなかったことが現実となって自分の前に現われると実際にどうしていいのかわからない場合があります。そして、土地活用もその一つでしょう。両親が亡くなってその資産の中に土地や建物などがあった場合、そこに誰も住まなくなったことから、処分しようか、売却しようかなどの選択をしなければなりません。

そのときに不動産屋などに相談に行ったり、セミナーなどに参加してみてはいかがでしょうか。参加することで新しい情報や知識を習得できるはずです。土地活用は、その土地に合った活用の仕方を考えないといけません。それと資金計画も金額が莫大になるため慎重に考える必要があります。また、税金の問題もからんできます。相続税や節税対策など、今まで考えても見なかったお金に関する知識なども大切になってきます

ひとたび不動産などを手に入れると手放すまでいろいろな問題が起こってくることでしょう。そんなときでもめげずに対処していきましょう。